短大から大学に入るカナダ留学

一般にカナダの大学は入学が難しいと言われています。


試験が難しく、日本人の場合は英語力も必要になるので、熱心に勉強しないと留学できません。
最初は大学に入らないカナダ留学の方法もあります。

カナダ留学について興味がある方にオススメのサイトです。

まず短大に入って、それから大学に編集します。

これなら英語がそれほど得意でない人でも可能なカナダ留学です。



編入してもその大学の単位をきちんと取って、卒業したら大卒の資格を得ることができます。

このカナダ留学の方法は、比較的年齢が若い人でも可能です。


年齢が若い人の場合は、英語の力が足りないことが多いですが、短大に入るときはそれほど高い英語力は求められません。


もちろん、全く英語ができなければ、短大に入るのは難しいです。

短大の授業をすべて英語で行われます。

またカナダで生活するために、英語を話せなければなりません。

短大に留学するために必要な英語力は、大学の2、3年生程度の英語力と同じです。
ただし、日本人の場合は、リスニングの力が劣っているので集中的に勉強する必要があります。

リスニングが弱いと短大に入った時に、授業の内容を聞き取ることができません。
公的な英語の試験を受けて、自分のリスニングの能力を把握しましょう。公的な試験では最低でもリスニングのパートで7割以上の得点をする必要があります。

7割以上取れなかったら、自分でリスニングの能力を高めるように勉強しなければなりません。ネーティブが吹き込んだ教材を繰り返し聞くようにしましょう。

minp!に関する情報をまとめました。